さよならを教えて

イラスト、マンガ、小説をかきます。よろしくね。

私的タブレットが使いづらい(使えない)原因と対策

液タブでも、板タブでもどっちでもいいんですが、要は「タブレットで絵が描きづらい」あるいは「絵が下手になる」さらには「なんなら描けない」という場合について考えました。

私の経験による文章なので、足りない点があるかもしれませんが、参考になれば幸いです。

 

・板タブが合わない

これは練習不足か、液タブにすればなんとかなる問題です。

板タブに慣れるのに、最長1年という説もあるので、毎日地道に練習して、365日頑張れば、扱えるようになると思います。

板タブは、パソコンの画面を正面に見るようにして描くので、姿勢が正されやすくなります。目への負担が減るので、板タブをオススメされることもありますね。

ただどうしても板タブで、絵の上達が見込めないと思ったら、液タブに変えてしまってもいいんじゃないかしら。悩む時間も長い時間です。

 

タブレットの画面が滑る

これも困った問題です。タブレットの表面は、何もしない場合、ツルツルしています。

ペンの芯も、普通ですとプラスチック製のツルツルなモノなので、慣れないとかなり滑ります。

ここで、タブレットの表面に、フィルムを貼りましょう。

「ペーパーライクフィルム」というものが売られています。種類がいろいろあるのですが、ザラつきの強いもの(滑りにくさのあるもの)を選ぶと、ペンの滑りが軽減されます。

エレコムから販売されているペーパーライクフィルムの「上質紙タイプ」「ケント紙タイプ」が、ワコム推奨です。

滑るのにとても困っているのであれば「上質紙タイプ」を選びましょう。結構ざらざらしているので、良い感じ。

そうでなくて、ちょっと不安かな?という程度なら「ケント紙タイプ」で構いません。

ペーパーライクフィルムは、各メーカーもいくつか販売しているので、いろいろ比較するのもいいでしょう。

 

これでも滑るのが問題になってしまうタイプは、ペンの芯を変えましょう。

ワコムタブレットの場合です。

デフォルトは「標準芯」です。これはプラスチックのような素材です。

他に「フェルト芯」「ハードフェルト芯」などが販売されています。芯をフェルト化することで、滑るストレスからはかなり解放されるでしょう。

ただし、フェルト芯はとても摩耗しやすいので、注意してくださいね。

 

・デジタルの画面がまぶしい

液タブの人は、ここで悩みがち。私も光に弱いので、困りました。

輝度を下げましょう。パソコンの設定で画面の光を暗くすることができます。

Googleで「パソコン 輝度 下げる」でよく検索されています。

 

マンガなど、モノトーン画面で作業をする場合は、緑色のレイヤーを重ねるという方法もあります。

全体、あるいは線画レイヤーの上に、緑色レイヤーを作ります。次に不透明度を下げて透明にしてください。下の線画が透けて見えるようになったらOK。

つまり薄緑の画面で作業をするというイメージです。これでまぶしさが軽減されます。

以前Twitterでかなり評判になりました。

 

・疲れ目と頭痛

作業時間が長い、姿勢が悪いなどの理由でこの症状が出ます。

1時間作業するのなら、45分連続で描き15分休憩を入れる、という方法がおすすめです。

私は以前、そう教わりました。

さらに、そもそもの作業時間を減らす。

デジタルで作業をする場合、集中力が持ちにくいです。

アナログと比べると、約半分くらいとも言われています。

自分がデジタルで集中できる時間を、最初から把握しておきましょう。

 

また、タブレットに向かう姿勢が悪いと、やはり頭痛(腰痛、肩こり)の原因になります。

このストレスが大きいので、ちゃんとしたスタンドを購入しましょう。

スタンド利用で、姿勢も良くなり、画力が安定したという話もあります。

椅子や机合うものをそろえると、いいですね。

逆に環境の悪さで、デジタルが苦痛になってしまうのは、困ってしまいますね。

 

・デジタルの画面を脳が把握しない(デジタルに不向き)

最終的に、この問題までたどり着いてしまった人は、デジタルでのペン入れを、あきらめたほうがいいかもしれません……。

仕上げと着色のみデジタルにして、下描きとペン入れをアナログで済ませる。

この方法に切り替えましょう。

 

例えば、最初から「A4サイズの紙に5㎝の線を引く」としましょう。

これは「脳が納得しやすい作業」です。

しかし、デジタルの縮小拡大で「A4サイズ設定から2倍に用紙サイズを拡大し、5㎝の線を引いて、さらに縮小して絵を確認する」というの!

これ脳がものすごく混乱する!!連続でやると、もう絵が全体的にガッタガタ!

つまり、「デジタル作画で頻繁に行われる、縮小拡大に脳がついていけないタイプ」もいます!まあ、私なんですけどね!

脳がデジタル画面の空間を把握できないのです。

あとデジタルの場合、ペン入れの手間が増えるので、そこでストレス溜まって、集中力が途絶えがちになるタイプも、アナログペン入れに切り替えたほうがいいですね。

 

この場合、問題になるのが「どうやってうまくスキャンするのか?」「取り込み方はどうすればいいのか?」ですね!

いまスキャナーも優秀なものが増えているので、いろいろ試してみましょう。

セブンイレブン複合機スキャンでうまく取り込めたという話もあります。

スキャン問題とアナログ取り込みに関しては、毎年情報がバージョンアップされるので、検索して納得するものを選ぶしかありません。

クリスタの素材で「オートアクション」で検索すると、取り込みした画像を線画にするものもいくつか出てきます(ただし100%確実というわけではないので、線画にするオートアクションは、いくつかダウンロードしたほうがいいです)。

これはこまめに探して、トライしまくるしかない。

 

あと難しいコマのみ、タブレットペン入れにする、という方法もあります。

ざっくりアナログペン入れ取り込みして、残ったコマだけタブレットで描くとか。

フルでアナログはキツイという人に向いている方法です。

アナログ原稿取り込みに関しても、こまめにネットで検索しましょう。

これも年々やり方が進化しています。

クリスタはアナログ取り込みと相性が悪いとは言われていますが、絵のソフトはいくつかあるので、いろいろ試すのもアリです。

 

・解決策はたくさんある!

以上、私が知る方法をさっと書きました。

他にもこんな方法があるよとか、そんな意見は多いかもしれません。

というか、ネットで検索すると、解決策がたくさんヒットします。どれかが合えば、デジタルお絵描きライフも楽しめます。

さあ、デジタル樹海を、歩こう。

私は元気!

日常を描くマンガは難しい

最近いくつか日常ほのぼのマンガ描きました。

む、難しいです。

ちょっとした日常の出来事をマンガにするわけですが。

結構たいへん。

たとえば、日常の雰囲気を出すのがとてもうまいとか、すごく時代のイメージをつかんでいるとか、それができてやっと「日常がネタになる!」という感じでした。

 

逆に言えば、初心者が日常だけをネタにすると、具体的なフックがつかみづらいので、ちゃんと雰囲気を出さないと、ぼんやりしたまま作品が終了してしまうのでした。

難しい!!!

 

でも描いてて楽しかったですね。

片思いする男の子とか、同棲カップルの会話とか、こんな世界があったらいいなあと、平和な私の願望が、作品の上でちょっと花開いた気分です。

 

とはいえ私の実力ではまだまだふわっとしてしまうので、これから起承転結のしっかりしたネタを考えます。

アクションモノとか、コメディは、わかりやすくフックが出来るので、初心者はこういうものから描いたほうがいいんですよ……。

 

しかし日常マンガは、中級者以上のお達者な方が描くと、映える感じがして、逆にオススメしたいです。

70年代風イラスト(なんとなく描いた)

 

創作者が守るべき3日ルール

星新一先生が、エッセイで書かれていたのですが、

「作品が書きあがったら3日置く。時間がたって読み返すと、作品のアラが見える(要約)」

だそうです。

これは小説に限らず、全創作者が心得るべきことですね。

私も先日マンガを描き上げて、すぐネットにアップして、なんか違和感あっておかしいなあと思い、3日後訂正案を自分で出しました。

それからいろいろ描きなおして、アドバイスもいただき、さらにまたちょっと直したんですね。

 

……ここまでは良かったんですが、やっぱり「完成直後のハイ状態!」ってあるじゃないですか!しかも今回は描きなおし後だったから、とんでもなく油断した。

「完成した!ばんざーい!あたし天才!アップしようっと!!!」

ってな調子でうっかりネットに出し、あろうことかそのまま投稿までして、そのあとに

「しまった!」という事態に陥りました……。

でも、もうこれ以上描きなおすと、キリがないなあと思い、反省点を次回に生かそうということにしましたよ……。

 

よほど締め切りが近いならともかく、やはり創作者は、作品完成後約3日置いて見直すという、

「3日ルール」を厳密に守るべきだと反省しました。

 

とにかく、作品完成後は……ハイになるから、気を付けようね!

創作者に必要なのは、もちろん情熱なんだけど、冷静さも同じくらい大事ですね。

 

 

「オリジナル同人誌イベントでどう出店するか」

超初心者向けのお話です。

それから、これは「出店のお話」です。本の内容について、ではない。

 

以下の文章は、同人誌イベントに慣れた人は、読み飛ばしてかまわない内容です。

 

「オリジナル同人誌イベントに参加したんだけど、さっぱり本が売れない」

「立ち読みも来ない」

という人!

改善点があります!

 

先日私もオリジナル同人誌イベントに参加したんだけど、自分のサークルスペースにぜんぜんお客さん来なくて、なんなら避けられてる?気も……。

ということが、何度かあり、コミティアのときは「やっぱり売れるサークルって決まってるんだ!」と、くじけた心であきらめたのですが、今回はちょっと自分を見直すことにしました。

反省をこめて、いろんなサークルさんを参考にしました。

 

・まず、自分のサークルスペースは……目立つようにしましょう!

もう「サークルスペースをデコるぞ!」という勢いがあるくらいがいいですね。

売る本の内容を、簡単にまとめたポップをガンガン貼るとか、工夫してカラフルにして、パっと映えるイメージで!そう、必要なのは「映え」なんです!

自分のところが、会場を歩くお客さんの目に入るように、意識してください!

サークルスペースに関しては、レイアウト参考サイトもありますし、それを見るのもいいかな。

立ち読みしやすいレイアウトとか、目につきやすい値段の書き方とか、気づいた点を工夫すると改善点は多くみつかるはずです。

机にぽんと本を置いて、うーん……ってなってる人もいるけど、せめてテーブルクロスくらい敷こう。テーブルクロスは100均でもいろいろ売ってる。ホームセンターにもありますしね。

机の上は、できるだけ見やすくまとめましょう。私物は置かない。

 

・あと「ここでどんな本を売っているのか、すぐ分かる」ようにすること。必須。

自分の本について、いいポップを作れるようになることも、オリジナル同人誌作家の仕事です。二次創作と違って、お客さんに前知識が無いものですから、まず説明しないといけない。

例えば「制服美少女の本あります」「妖精たちのファンタジー」とか、とにかく分かりやすい、簡単な説明をサークルスペースに貼り付けてください。

 

・フリーペーパーを作りましょう。

ちょっと自分のサークルスペースの前で、足を止めてくれた人とか、立ち読みしてくれた人には、すぐフリーペーパーを差し上げましょう!

こういう、地味な宣伝をきちんとする人が多くて、私も見習うべきだなあと反省しました。

そこにも、自分が売る本の宣伝とか、SNSについてとか、内容を詰めるのです。

名刺を作る人も多かったです。

 

・本は、基本「表紙をカラーにする」ということで、パっと目につきやすいです。

モノクロ表紙は、相当カッコイイ絵があるとか、内容が尖っているとか、インパクトがないとちょっと厳しいです。

とにかく、サッと移動するお客さんの目に入らなければ、意味がないんですよね。

これと同じ理由で、メイン本をコピー本にするのも避けるべき。

いまオンデマンド印刷とかで、少部数発行にも対応してもらえるので、できればメイン本をコピー本にするのは避けましょう(ただし遊びで作るとか、番外編的な本なら、コピー本もいいですね)

 

SNSで宣伝することの重要さを知りました。Twitterでサークルをチェックする方が多いですね。

サークルアカウントを専門的に持っていたほうがいいかもしれません。作品紹介に特化したTwitterを作るんですよ。

ここで重要なのは、日常についてとか、批判的なつぶやきを避けること。なるべく作品紹介に集中してください。

 

というわけで、ここまで書いて言うのもアレなんですが、

「イベントは楽しむことをメインにする!」

「儲けようとは考えない!」

この二大鉄則を忘れないでください。

 

出店に関する努力を最大限にして、それからどこまで売れるかっていうのは、やはりネタとか内容です。もちろん、SNSで宣伝をこまめにするのも大事ですが……。

でも売れるかどうかについて期待しちゃうと、それだけでストレスかかります。

 

原価割れとか、参加費が……、とか、諸々計算したくなるかもしれませんが、やっぱり基本楽しめないと、イベント参加がつまらなくなってしまうじゃないですか!

 

最大限、自分の本が売れる努力をして、そういうのも張り合いになったりして、というのが、同人誌執筆者の喜びになるのです。

レッツエンジョイ!

シンプルにブログでいたい

ブログやると「アクセスを上げる方法!」「稼ぐにはどうすればいい?」

という言葉に行き当たるし、実際そういうのを目的にする人も多いのでしょうけど、

私はただ自分のブログを発表したいだけだな、と再確認しました。

 

できるだけ創作に関することを書きたいですね。

 

最近小説を書くことを再開しました。

長文書くのに、筆が遅い……。パソコンに入力しているから、タッチが遅いと言うべきなのか。

「書き慣れる」という言葉の重みを知りました。

f:id:sigatuanz0412:20220324174337j:plain

怒りのバニーガール

 

タイトルネタについて

f:id:sigatuanz0412:20220206115613j:plain


昨日描いたイラストです。

 

ブログタイトル「さよならを教えて」は、

戸川純ちゃんが過去にうたった名曲です。

さらに元歌は、フランス人歌手フランソワーズ・アルディの曲でした。

戸川純ちゃんの歌は、アグレッシブな感じでしたが、

アルディの歌は、どこかメランコリックです。

同じメロディなのに、表現の違いで大きな変化がありますね。

はじめまして!☆彡

はじめまして。

創作活動をしております、四月杏(しがつあんず)と申します。

基本的にマンガを描きますが、小説も書きます。

pixivとエブリスタにいます。

あとはTwitterですね。

 

作風はシュールと言われますね……。

とはいえエブリスタで小説が佳作入選したので(えっへん!)ちょっとうれしかったです。

あと去年は四コマ漫画の仕事も受けました(少しですが……)。

納期厳守の作家でありたいです。

 

ショートストーリーが得意です。起承転結が決まると嬉しくなりますね。

 

あと得意なことといえば。

占いですかね。西洋占星術を学生時代からやっています。

でも最近さぼり気味なので、星の動きは人様のブログを拝読して、確認しております。

スピリチュアルも好きなのですが、あくまでもそこは娯楽として解釈しております。

シンプルに楽しみたいですしね。

 

それから料理でしょうか。

クックパッド有料会員です。なんかもう、夕飯作るのに、レシピ検索するのが日常ですよ。

 

江戸っ子なので、やっぱり都会が好きです。

ビル街が落ち着きます。山手線の匂いにキュンキュンするとか。

渋谷のビルからバスターミナルを眺めるのが、子供のころから好きでした。

だからといって、イケてるとか、セレブとか、そういうのじゃないんです。

庶民です。

 

どこかの街のかたすみで、何かを描いて(書いて)いる私。

ちょっとシャイでハッピーでひねくれています笑

 

よろしくどうぞ。